『組織事故』『組織事故とレジリエンス』ジェームズ・リーズン(著) 📚

年末年始に以下の著作を購入し読んでいた。書評を書くほどまでには咀嚼できていないので、書籍の内容の紹介は一切ない。御了承を :)

組織事故―起こるべくして起こる事故からの脱出

組織事故―起こるべくして起こる事故からの脱出

組織事故とレジリエンス―人間は事故を起こすのか、危機を救うのか

組織事故とレジリエンス―人間は事故を起こすのか、危機を救うのか

どちらも同じ著者で重複する内容もあるのだが、翻訳・構成・挿絵がカッチリと書かれているのは古い方の『組織事故』の方だなという印象

日々イベント 🔥

現在 GMOペパボのセキュリティ対策室なる組織で業務をしているのだが、日々 大小のイベント ( セキュリティ ≒ 機密性・完全性 を脅かすもの以外にも、いわゆる障害 ≒ 可用性を脅かすものも何でも ) に遭遇している。

対策していても何か起きてしまったら どうするか?

組織を脅かすイベントが起きる前に十全に対策を重ねておくのは当然だ!!!1 そりゃそうだねと断ったうえで ...

そうではあっても避けようもない何らかのイベントは起きてしまうもので、では どうすれば 組織が迅速にイベントの発生を検知し、組織がイベントにより平衡を失った状態からリカバリーし、組織がイベントの損失を学習・アクションに転換していけるのか? というテーマでコミットできないかなぁと考えている

... とまぁ、そんなこともあっていろいろ読んでみるかと、冒頭の書籍を手にした次第

次に読みたい

下記の書籍も私の興味に答えてくれそうな中身っぽいので 次、手に取ろうと画策している

レジリエンスエンジニアリング―概念と指針

レジリエンスエンジニアリング―概念と指針

レジリエンス」という単語がややバズワード感あるので心配になるが、そういう本では無いようだ


ところで Google SRE 本の Postmortem Culture: Learning from Failure は 失敗(障害) から学習を達成するためのプラクティスとして よく知られたものだろう。

弊社でも 昨年初めより Postmortem を取り入れていて、ゆっくりと時間をかけて技術者の中で文化・プロセスとして根付いて来ているのを実感している ( 偉そうに書いたが私が提案・推進した訳じゃないので かしこ )

landing.google.com

Postmortem もそうなんだけど、なかなかこういった組織的な文化・プロセス作りは一人で発起しても進まないもの。会社の中で取り組んでいくなら同士を募って進めたいところ。

『組織事故』『レジリエンスエンジニアリング』誰か一緒に読まない?

Linux Kernel CVE-2018-5390 SegmentSmack の PoC を書いて分析・検証した

表題の通り Linux Kernel に付いた CVE-2018-5390 / SegmentSmack の PoC を書いて検証・観察をしていた

問題の再現は何とかできたが、 exploit = 悪用可能なレベルまでのコードを書くのが難しい ( 悪用厳禁 )

⚠️

2018年8月に SegmentSmack として騒ぎになった CVE です

続きを読む

【続 Vol.3 】ClamAV - clamd の OnAccessExtraScanning 機能のメモリリークをレポートした - 0.1002 が出た

hiboma.hatenadiary.jp

hiboma.hatenadiary.jp

↑ のようなエントリを書いていたが、0.100.2 がリリースされて次の展開を見せた

blog.clamav.net

On-Access "Extra Scanning," an opt-in minor feature of OnAccess scanning on Linux systems, has been disabled due to a known issue with resource cleanup OnAccessExtraScanning will be re-enabled in a future release when the issue is resolved. In the mean-time, users who enabled the feature in clamd.conf will see a warning informing them that the feature is not active. For details, click here.

OnAccessExtraScanning は一旦 0.100.2 で disabled ( warning が出て機能は動かない) になり、また未来の featrure リリースで復活するそうです

感想

名前が載って嬉しいね 🤗

f:id:hiboma:20181004073714p:plain

Linux Kernel CVE-2017-18017 の Poc を書いて検証した

表題の通り CVE-2017-18017 の PoC を書いてどのような影響があるのを検証・観察した

⚠️

一年以上前に修正パッチが出ている CVE です

CVE の Description

The tcpmss_mangle_packet function in net/netfilter/xt_TCPMSS.c in the Linux kernel before 4.11, and 4.9.x before 4.9.36, allows remote attackers to cause a denial of service (use-after-free and memory corruption) or possibly have unspecified other impact by leveraging the presence of xt_TCPMSS in an iptables action.

iptablesTCPMSS ターゲット ( --set-mss または --clamp-mss-to-pmtu ) を使っているホストに、細工した TCPヘッダを投げつけると use-after-free やメモリの破壊等々が起こせる

CVSS3 の Base Score が 9.8 と高い 🔥

続きを読む

【続 Vol.2 】ClamAV - clamd の OnAccessExtraScanning 機能のメモリリークをレポートした

2018年3月に ClamAV のバグレポートを出していた

hiboma.hatenadiary.jp

最近、進捗があったようで、以下のようなコメントをもらった

Due to time constraints in the development process for version 0.101,
OnAccessExtraScanning will be disabled in the upcoming 0.100.1 patch release
and the 0.101.0 feature release.  When we're able to dedicate the time to fix
the issue, we'll include it in the next patch or feature release.

注意: `0.101` と書いてあるのは `0.100.2` の間違い 

ref: https://bugzilla.clamav.net/show_bug.cgi?id=12048#c4

  • 0.102 で OnAccessExtraScanning は diabled になる ( 機能自体が取り払われるのかな? )
  • 0.101.2 で feature release として出る

ということだ。

リポジトリのコミットを見ると修正がなされているようだが、まだ時間がかかるらしい 🍵

github.com

Linux Kernel CVE-2018-12232 の Poc を書いて検証・観察した

表題の通り CVE-2018-12232 の PoC を書いてどのような影響があるのを検証・観察した

CVE の Description

CVE-2018-12232Linux Kernel に付いた CVE です

In net/socket.c in the Linux kernel through 4.17.1, there is a race condition between fchownat and close in cases where they target the same socket file descriptor, related to the sock_close and sockfs_setattr functions. fchownat does not increment the file descriptor reference count, which allows close to set the socket to NULL during fchownat's execution, leading to a NULL pointer dereference and system crash.

net/socket.c in のレースコンディションで NULL ポインタ参照が起きてカーネルパニックします

続きを読む