読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京湾一周 (時計回り) 🚲

5/28 (日) 東京湾を一周してきた。走行距離 203 km

f:id:hiboma:20170528232617p:plain

東京湾一周とは?

文字通り、自転車で東京湾を「一周」する。

公式の競技やイベントでは無いので 通過すべきチェックポイントや制限時間のレギュレーションは存在しないが、 時計回り (例: 東京 -> 千葉 -> フェリー で金谷から久里浜 に渡航 -> 神奈川 -> 東京 ) か逆の 反時計回り (例: 東京 -> 神奈川 -> フェリー で久里浜から金谷に渡航 -> 千葉 -> 東京 )東京湾沿いを走ることを「一周」とみなすのが暗黙的な基準となっているようだ 。スタート地点がどこかも問われない。

一周で 180-200km ほど走ることになる。一周の起点をどこに据えるか、途中のルートをどう組むかによって +10km 〜数十km の差異が出て、難易度にも差がでるだろう 。過去にチャレンジしたブログをみてみると反時計周りが多いようにみえる

フェリーの最終出港時間を逃すと致命的なので、その点を加味して全体の計画をたてる必要がある (夕方までフェリーは出ているので 早朝にスタートすれば大概は問題はないと思う )

実は2回目

2016年の3月に反時計回りを達成していたので、今回は時計回りにチャレンジした。午前中に東京を東に縦断し千葉を南下、午後に神奈川から東京に北上という配分になる。

前回はサイコンを持っていなかった頃で江戸川付近で迷子になったり、街灯がほとんど無い工場地帯の湾岸道路で iPhone を落としてしまい紛失しかけるなど、夜間走行でかなり消耗した。過去のふりかえりを元に、今回は「明るいうちに家に帰りたい」を目標として、観光スポットにほとんど寄り道せずに走った。よって途中の写真は少ない 📷

スタート〜江戸川

早朝は曇天で、「やっぱ やめようかな … 」という暗い気分のまま東京から千葉へと走っていたが、江戸川あたりで天気が回復し調子があがった

ところで江戸川区から市川に渡ろうとする際のルートが難しい。前回はここで迷子になった

京葉工業地帯

姉ヶ崎あたりの東京湾岸道路。重化学工業の工場が立ち並ぶ

京葉工業地域って社会で習ったよね。無機質な風景が新鮮

ここから先に木更津や富津岬など写真映えする海辺のスポットが多くあるのだが、フェリーの時間に間に合わせるべく全部すっ飛ばして金谷まで南下。南下するにつれて信号の間隔がまばらになり、ほとんど足を止めることがなく高速巡航できる (信号で小休憩できないので大変でもあるけど )

金谷のフェリー

久里浜〜金谷間で東京と千葉を結びフェリーが出ているので、これに乗船

このフェリーにのる (この時点で乗船時間まであと10分と迫っており、急いで記念撮影 📷 )

対岸の久里浜が見えている

フェリーには自転車をそのまま乗り入れできる。倒れないように丁寧に固定してくれるのがとっても親切。ありがたや

なるほど

カレーパンが名物らしい。うまし

外洋にはでないので、波は穏やかで揺れもあまり感じない 🚢

乗船時間は 40-50分ほどで、つかの間の旅行気分をエンジョイできる。午前の時点で 120 km 走っており 疲労を癒すのによい

はい 到着

ダイヤについて

通常時は一時間ごとに出発便がでている。しかし 今回はたまたま船舶のメンテのためのダイヤ調整期間に鉢合わせてしまい、2時間ごとの出発となっていて時間調整が大変だった (ダイヤ調整期間だということにはあとで気がついたのだった とほほ )

f:id:hiboma:20161228115242j:plain

www.tokyowanferry.com

みなとみらい

久里浜から北上して東京に帰る。横浜経由を帰路にする

皇居

みなとみらいから第二京浜で北上、皇居前で休憩

朝にも皇居前を通過したので、この時点で「一周」は達成できていた。家につくまでがロングライドなので ゴールはもう少し先。

ゴール

最寄りの公園に到着してゴール

ほんのり夕暮れ。目標通り明るいうちに帰宅。

総時間は 12時間 (信号停止・休憩・フェリー乗船含む)、実際にペダルを漕いでいた走行時間は8時間。平均速度は 26 km と(自分にしては)速めで、全行程で追い風基調だったのと千葉で信号に捕まらず高速に走れたのが速度底上げに寄与したようだ。

感想・ふりかえり

  • 前半 120km を 東京 〜 千葉 〜 金谷、後半 80km を久里浜 〜 東京 という配分で「後半は短いから楽だ」という気持ちでテンションをキープできた
  • 各地の観光も含めるならば +3-4時間ほどの余裕をもたせるとよいだろう。幕張周辺・稲毛海岸・木更津・稲毛海岸・横須賀・八景島 … と海沿いの楽しいポイントがたくさんある。前回楽しんだものは、全部スルーした。
  • 千葉を南下するにつれて信号がまばらになり、停止時間が減るので高速巡航できる。全行程でほぼ追い風だったのも嬉しい
  • 東京から時計回りであれば、体力が残ってる前半に高速巡航で千葉を通過し、フェリーでゆっくり休憩を取れると後半も調子をキープしやすい
  • 海沿いの景色を楽しむなら、反時計周りの方がよいだろう (反時計周りで進むと常に左車線側に海岸が位置するよね)
  • 久里浜-横浜-川崎間は結構な頻度で信号にひっかかり、ペースが作りにくいため巡航速度が落ちる。体を休めやすくてよいだろうか? 交通量が多く緊張した走りになるので 余裕をもった前半に回したほうがいいような気もする。疲れた体で頻繁なブレーキングは負荷が高い。どっちがよいかね …

時計回り・反時計回りで細かい差はあれど 「どちらがよいか」と問われても大差をつけるほどのポイントはないだろうか。どちらにせよ、正直なところを言えば、全部が全部「さいこーにたのしー」というルートではなくて、殺風景な景色をただただ走るだけのハードな時間も長い。「もう一回やる ?」と聞かれたら「もう いいかな … 」というお腹いっぱい感

… という感想であれど 後日思い返せば よい思い出、充実感のある記憶として 蘇るだろう

河口湖 〜 忍野八海 〜 山中湖 🚲

5/21 (日) 富士山周辺を走ってきた。好天、暑い一日だった。

f:id:hiboma:20170521231626p:plain

相模原方面から甲州街道をぬけて富士吉田にでるコースをとった。走行距離 193km 獲得標高 1786m

相模湖

自宅をでて多摩の丘を越えて相模湖までアプローチ。前日の疲れと暑さで足が回らない

さらに上流(相模川) に登るとよい眺め

甲斐の猿橋

猿橋(さるはし、えんきょう)は、山梨県大月市猿橋猿橋にある桂川に架かる刎橋。国の名勝に指定されている。 猿橋 - Wikipedia

暑さで朦朧としたのでしばし休憩

大月〜富士吉田

大月から富士吉田へ抜ける際に「富士みち」を通過するが、ずーっと緩い上り (3-7%) が続く区間で道路は狭いし車も多いので退屈でしんどい。富士から吹き下ろす風か、向かい風がしんどい。苦労の末に富士吉田にでると富士山がばーんと一望できて元気になれる 🗻

河口湖

標高 830m 地点

富士山がひょっこり

忍野八海

天然記念物である「忍野八海」は、富士山の伏流水に水源を発する湧水池です。 富士信仰の古跡霊場や富士道者の禊ぎの場の歴史や伝説、 富士山域を背景とした風致の優れた水景を保有する「忍野八海」は、世界遺産富士山の構成資産の一部として認定されました。

忍野八海 | 忍野村公式観光ホームページ

きれいなはずの水

湧き水でてんのに水素水売るのは何のギャグですか?

整った観光地なんだけど「絵に描いたようなニッポン」といった意匠を感じる。海外のお客さんも多く盛況だった (オレンジの袈裟を着たチベット僧の御一行が自撮りしまくっていた )

山中湖

標高 980m 地点。水辺ばっかりみてたのと疲労で食傷気味。富士山が霞んでなければもっとエンジョイできただろうか

籠坂峠

山中湖から南下して籠坂峠を登る。本日の最高標高 1104 m に到達。ここからはほぼ下り

御殿場方面に下るなら国道138号線が最短ルートだが、交通量も多く道が狭い上に傾斜がきついので危険なハードコース。足柄に抜ける県道150号線を迂回すると交通量の少ない田舎道をのんびり下ることができて良い。オススメ

f:id:hiboma:20170523112740p:plain

箱根 🗻 も一望できる

段々の田んぼがあちこちに

こういう風景がずーっと続く。つよいカメラがあるといいね

駿河小山駅の金太郎

足柄方面に近づくとサラリーマンじゃない方の金太郎の宣伝が目立つ。かくして金太郎は町の駅になりまりした。めでたしめでたし

おわり

駿河小山から 246 経由で新松田まで降りたが、246 は自転車で通ってはいいような道ではなかった (狭い・車めちゃ速い・トンネル多い) 。県道・旧道を迂回する、体力があれば足柄峠、がよいね …

帰りは小田急線でワープ

小金井公園 〜 多摩川 🚲

5/20 (土) 近所を自転車散歩。夕方に小金井公園多摩川をすいすい

小金井公園

静かな原っぱと森がきもちよい

多摩川

二子玉で夕暮れ

55km ほど走っておわり

f:id:hiboma:20170523115421p:plain

吉見 さくら堤公園 〜 白石峠 〜 秩父 🚲

吉見のさくら堤公園で桜をみて感嘆をあげ、白石峠のヒルクライムで悲鳴をあげてきた

f:id:hiboma:20170410220610p:plain

走行距離 101km 獲得標高は 1080m ほど

荒川

菜の花が溢れている

「川幅日本一」 いろんな 圧倒的 No.1 があるものだ

さくら堤公園

桜と菜の花のコラボがひたすらに美しい

ちょうど満開に巡りあえたようでラッキーだった

白石峠

桜と菜の花を堪能したので西に向かい、白石峠にやってきた ( 2回目。昨年10月が初回 ) 。10% 超えの坂が繰り返しあらわれるハードな峠。風景が地味なの景色を眺めて気を紛らわすこともできないので ただただつらいトレーニング感

ゴール。ひさびさの坂道でしんどかった

春が訪れたとは言え、山の上はまだまだ寒い (標高 830-840 m 位 )

定峰峠

秩父側に下る。寒々しい

白石峠から下ると『頭文字D』でも有名な峠の茶屋。でも今日はおやすみ

山間部の桜はまだ咲き始め。緑の山景色を楽しむにはもう少し時間がかかりそうだ

秩父

西武秩父までくだり、輪行で帰宅。電車で熟睡 😪

今シーズンは秩父のさらに奥(西側)の山道を走りたいな。ディープ秩父

瀬谷の海軍道路〜湘南〜みなとみらい 🚲

4/2 (日) 瀬谷の海軍道路〜湘南〜みなとみらいを走ってきた。ぴったり 100km

f:id:hiboma:20170403105549p:plain

多摩川

瀬谷の海軍道路

桜 がみたかったのだが …

nothing ! 花もねぇ つぼみもねぇ なんにもねぇ〜 来週が見頃かね

江ノ島 〜 鎌倉

18号線を南下して江ノ島に着。18号は路肩も広いし交通量もそこまで多くないので非常に走りやすい 🚲

みなとみらい

鎌倉からこぶりな峠をこえて金沢文庫に抜けて、みなとみらいまで向かってゴール

湾岸をうろつきながらクールダウン。途中、何かの映画かドラマかの撮影をやっていたのか 渡部篤郎を見かけた。車の中でじっと座っているだけなのに滲み出るイケメンオーラ。

町中華街駅から輪行で帰宅

グッド・チャリズム宣言プロジェクト

輪行でベテラン風のライダーさんと居合わせたので、声をかけてお話をしたのだが「グッド・チャリズム宣言プロジェクト」を運営されているとのことでプロジェクトのあれこれを教えてもらった。

good-charism.com

🚲 のマナーや交通ルールの啓蒙につとめているとのことで、ロードに乗り始めてまもない自分でもあれこれ思うところがあるので興味深く お話を拝聴した

山伏峠・正丸峠ライド

12/29 山伏峠と正丸峠をのぼってきた

2016年最後の自転車

名栗湖

謎の壁画前でぱちり

山伏峠

平均 6-7% ほどで距離も短く20-30分もあればのぼりきれる 小ぶりな峠 (早い人は十分台で登れるぽい)

小ぶりだけども、道路の状態が良く、大きく蛇行するカーブが連続していて、暗い杉林を越えたり急坂に建つ民家がみえたり、景色が常に変化するので飽きない

最後に 11-12% のカーブがあるので そこを踏ん張れたらゴール

峠に達しても景色がイマイチなのが惜しい(景色を求めるなら正丸峠に行こう)

正丸峠

山伏峠に来たら消化試合的に正丸峠ものぼる

さすがにお茶屋は閉店している

遠くに新宿の高層ビル群が見える。iPhone のカメラでは捉えられない 📷

芦ヶ久保

帰りは電車。秩父まで降りたかったけど、時間が無いので芦ヶ久保から輪行。寒くて指がかじかんで袋詰めが大変

1時間半ほどで最寄り駅に到着。お疲れ様でした

ミドルウェア: abrtd (2)

前回の続き 。abrtd で カーネルパニック時の vmcore を採取する

まとめ

検証作業をしてみた結果、正確には、

  • kdump が起動していて、
  • カーネルパニック後に kdump で vmcore を採取できた場合、
  • 再起動後に vmcore + 予備情報を /var/crash 以下にまとめてくれる

と理解した。abrtd が全部よしなにやってくれると思ってしまったが、vmcore を採取するのは kdump の仕事だった。

kdump の設定

kdump.service の準備が必要。 Red Hat のドキュメントを読もう

Red Hat Enterprise Linux - カーネルクラッシュダンプガイド - 2.2. コマンドラインで KDUMP を設定する

tips: Vagrant + CentOS7 で試す場合

crashkernel=auto でハマないように!

repl.info

設定変更

検証作業なので grub2 設定をシェルで書き換えていく

$ sudo systemctl enable kdump.service
$ sudo perl -i'.bak' -nlpe 's/crashkernel=auto/crashkernel=128M/' /etc/default/grub 
$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
$ sync
$ sudo reboot

reboot 後に kdump の status を確認しよう

$ sudo systemctl status kdump
● kdump.service - Crash recovery kernel arming
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/kdump.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (exited) since 日 2016-12-25 07:32:46 EST; 14h ago
  Process: 1758 ExecStart=/usr/bin/kdumpctl start (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 1758 (code=exited, status=0/SUCCESS)
   CGroup: /system.slice/kdump.service

1225 07:32:30 localhost.localdomain systemd[1]: Starting Crash recovery kernel arming...
1225 07:32:46 localhost.localdomain kdumpctl[1758]: kexec: loaded kdump kernel
1225 07:32:46 localhost.localdomain kdumpctl[1758]: Starting kdump: [OK]
1225 07:32:46 localhost.localdomain systemd[1]: Started Crash recovery kernel arming.

カーネルパニックを起こす

kdump の用意ができたら echo c > /proc/sysrq-trigger秘孔を突いて カーネルパニックを起こす

$ echo c | sudo tee  /proc/sysrq-trigger

VM が再起動した後に、ログインして abrt-cli でレポートを一覧する

不備が無ければ BUG: unable to handle kernel NULL pointer dereference at (null) がキャッチされているはず

$ sudo abrt-cli ls
id 5f8ee8234bfdd61810b08d481291fa5d07ef4a6d
reason:         BUG: unable to handle kernel NULL pointer dereference at           (null)
time:           Sun Dec 25 21:50:39 2016
uid:            0 (root)
count:          1
Directory:      /var/spool/abrt/vmcore-127.0.0.1-2016-12-25-07:38:42
Reported:       cannot be reported

/var/spool/abrt 以下には下記のようなデータが採取されている

$ sudo ls -hal /var/spool/abrt/vmcore-127.0.0.1-2016-12-25-07:38:42
total 33M
drwx------. 2 root root 4.0K Dec 25 21:51 .
drwxr-x--x. 5 root abrt 4.0K Dec 25 21:50 ..
-rw-------. 1 root root    6 Dec 25 21:50 analyzer
-rw-------. 1 root root    6 Dec 25 21:50 architecture
-rw-------. 1 root root 2.9K Dec 25 21:50 backtrace
-rw-------. 1 root root    6 Dec 25 21:50 component
-rw-------. 1 root root    1 Dec 25 21:50 count
-rw-------. 1 root root    0 Dec 25 21:50 event_log
-rw-------. 1 root root   25 Dec 25 21:50 kernel
-rw-------. 1 root root   76 Dec 25 21:50 kernel_tainted_long
-rw-------. 1 root root    3 Dec 25 21:50 kernel_tainted_short
-rw-------. 1 root root   10 Dec 25 21:50 last_occurrence
-rw-------. 1 root root  135 Dec 25 21:50 machineid
-rw-------. 1 root root  131 Dec 25 21:50 not-reportable
-rw-------. 1 root root  393 Dec 25 21:50 os_info
-rw-------. 1 root root   38 Dec 25 21:50 os_release
-rw-------. 1 root root   73 Dec 25 21:50 reason
-rw-------. 1 root root    4 Dec 25 21:50 runlevel
-rw-------. 1 root root   10 Dec 25 21:50 time
-rw-------. 1 root root    6 Dec 25 21:50 type
-rw-------. 1 root root    1 Dec 25 21:50 uid
-rw-------. 1 root root    5 Dec 25 21:50 username
-rw-------. 1 root root   40 Dec 25 21:50 uuid
-rw-------. 1 root root  33M Dec 25 07:38 vmcore
-rw-------. 1 root root  35K Dec 25 07:38 vmcore-dmesg.txt

それぞれのファイルの詳細は https://gist.github.com/hiboma/431d0a5e3e8fe8a1a2b699a71e61abf9 にまとめた。vmcore が取れていれば crash を使って原因の解析ができる

vmcore が残る

ところで /var/crash 以下にも kdump が採取した vmcore が残っている

# /var/crash 
$ sudo ls -hali /var/crash/127.0.0.1-2016-12-25-07\:38\:42/vmcore
310061 -rw-------. 1 root root 33M Dec 25 07:38 /var/crash/127.0.0.1-2016-12-25-07:38:42/vmcore

# /var/spool/abrtd にも残ってる
$ sudo ls -hali /var/spool/abrt/vmcore-127.0.0.1-2016-12-25-07:38:42/vmcore
19216963 -rw-------. 1 root root 33M Dec 25 07:38 /var/spool/abrt/vmcore-127.0.0.1-2016-12-25-07:38:42/vmcore

vmcore のサイズが大きい場合に、内容が同じ vmcore が重複するのはもったいない。設定で回避できるだろうか?


abrtd にはクラッシュをレポートする機能 (libreport) もついている。次回以降でまとめる