toruby 166回に参加しました : GMO ペパボと Ruby コミュニティ

toruby.connpass.com

前回に続き、2回目の参加です

hiboma.hatenadiary.jp

今回もチャリで行きました

ポジションペーパー紹介

会に先立って参加者のフリートークタイムです。

GMO ペパボと Ruby コミュニティ」 というタイトルで、弊社 GMOペパボの同僚が Ruby コミュニティにどんな感じで関わっているかをライトに紹介しました。

f:id:hiboma:20201203111740p:plain

  • 「こんなコミュニティあるんだ〜」
  • 「この人、知ってるな〜」
  • 「このイベント参加したことある」
  • ドラえもん?」

とあれやこれやのリアクションをもらいました。

些細な発表でしたが、Ruby あるいは OSS コミュニティの輪が広まり繋がっていく機会になればいいですね

⚠️ 事前に、会社の同僚に issue でアンケートをとった内容を用いました。回答者から一般公開の了承をとっていないので、資料は勉強会に留めて非公開です 。

dRuby タイム

n月刊ラムダノート Vol.2, No.1(2020) を読みながら dRuby を触りました。

n月刊ラムダノート Vol.2, No.1(2020)www.lambdanote.com

f:id:hiboma:20201203111941p:plain

サーバに Thread::Queue や IRB を持せるサンプルコードを試しました。

ネットワーク越しにアクセスしていることが上手いこと隠蔽されていて、あたかも手元のオブジェクトを扱えるインタフェースになっているあたりで「ははぁ」となった次第。

下のレイヤを知っていると「TCP/IP なサーバ/クライアントだと foo bar して ... 」って考えてしまいがちところが dRuby で隠蔽されて、メンタルモデルを高次元に止めたままコードをかけるって感覚がちょっと理解できた気がします。

「隠蔽」「抽象化」の設計やモデリングのヒントを得た時間にできた

その他

ラムダノートの補足で Linda, TulpleSpace というのを知った

www.cs.tsukuba.ac.jp

www2a.biglobe.ne.jp

SHOZO SHIRAKWA 〜白河高原〜那須高原 🚴‍♂️

11月14日 (土) の記録。白河市まで走って SHOZO SHIRKAでコーヒーを飲んで白河高原〜那須高原と走った

f:id:hiboma:20201124122109p:plain

f:id:hiboma:20201114154755j:plain

走行距離 113km 獲得標高 1492m。

f:id:hiboma:20201114154837j:plain

標高を上げると寒くて寒くて、ヒルクライムシーズンもぼちぼち終わりだなぁ

続きを読む

toruby 165回に参加しました

toruby.connpass.com

那須塩原付近で何かプログラミングに関係するコミュニティはないかなぁと調べていたら、なんと自宅から自転車で5分 (誇張ではない) を会場として toruby が開催されていたので訪問しました。

会の雰囲気がよくわからないままで突撃したのですが、みなさんから自己紹介と栃木 (那須) トークをしていただいて暖かく受け入れてもらい、あっという間に時間が経過。


ところで id:june29 さん、なにかやらかしたんですか?


後半は n月刊ラムダノート Vol.2, No.1(2020) を読みながら dRuby 勉強タイム。みんなで読み進めながら、すぐに質問をなげたり、解説をいただけるの、最高です。

コードを書くときのオブジェクト指向のインタフェースであったり、モデリングパラダイム みたいなところが 親和性高いように設計されてるのかなぁと ぼんやりと理解。


来月も足を運んでみようと思います! 自転車で!

第12回 コンテナ技術の情報交換会@オンラインにて 「cgroup と sysfs ファイル - トラブルシューティングから cgroup を深追いする」を発表しました

第12回 コンテナ技術の情報交換会@オンラインに発表しました!

ct-study.connpass.com

スライド

発表のスライドは下記で公開しております

speakerdeck.com

speakerdeck でフォントがしゃばしゃばになるのを解決できていないので、PDF でも公開しています ...

github.com

スライドの概要

弊社 GMO ペパボの ロリポップ!マネージドクラウドでのトラブルシューティング事例を契機として cgroup の sysfs ( スラブキャッシュ ) 周りを追いかけた内容を発表しています。

発表内容は、過去のエントリを勉強会向けにまとめ直した内容です。モデル図などを加筆しています。

hiboma.hatenadiary.jp

トラブルの詳細については、ブログでは過去にも公開していなかった内容で、今回の発表でのみ閲覧できます。当時、実際に記録したコマンドやメトリクス図なども掲載しています。

配信動画

こちらで閲覧できます

www.youtube.com

私の発表パートは下記から閲覧できます

youtu.be

twitter #lxcjp

穏やかな感じで twitter タイムラインでした。みなさんの発表に対して「よかった」とフィードバックをいただけて嬉しいですね ☺️

twitter.com

謝辞

@ten_forward ( id:defiant ) さん、 windhole ( id:windholep )さん、@masami256( id:masami256 ) さん 運営の準備ありがとうございました!! 当時の発表お疲れ様でした!! この場を借りて謝辞を述べさせていただきます。

また何か発表かのネタになるような事例に遭ったら よろしくお願いします! ( でもトラブルは無い方がね ...