読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Emacs/cperl-mode の設定 ( ちょっとだけ )

(add-hook 'cperl-mode-hook '(lambda ()
                              (local-set-key "?C-j" (lambda () (interactive)(insert "->")))
                              (local-set-key "?M-j" (lambda () (interactive)(insert "=>")))
                              ))
  • > と => を挿入するキーをセット。

C-j / M-j ってとても打ちやすい場所にあるキーなので、それを占領してしまうはもったいないとは思うけど、案外重宝してます。だってハッシュとかメソッド呼び出しとかで矢印書くのめんどいだもん!


M-j の indent-new-comment-line ( コメント挿入時にインデントを自動でつけてくれる)が上書きされるのがアレです...


まぁ、こんな地味に痒いところにも手が届くのがEmacsの強みだと思います。こんな地味設定書いてる人、他にいません?